アドミッションポリシー

大学院工学研究科

<博士前期課程 総合工学専攻>
Master'sDegree Department of Advanced Engineering

1.教育理念・目標

 工学研究科博士前期課程総合工学専攻は,「自然と共生する技術社会の発展に貢献する工学教育研究拠点として,高い専門実践能力を修得しグローバルに活躍できる技術者人材を養成するとともに,多様な知的資産を創造する独創的研究を推進する」ことを理念として掲げ,工学系学部卒業生等を受け入れて,産業界のニーズに対応した高度専門技術者及び研究者として必要な能力を修得させる。そのため,高い国際通用力を有し,産業界や社会が求める高度専門技術者及び研究者の養成を教育目的としている。
 この目的を達成するための教育内容の特色は,第一に,深い専門的知識と幅広い学際的知識を教授し,技術創造能力,研究能力及び英語を含むプレゼンテーション能力を涵養することにある。第二に,産業界や社会の要求に速やかに対応できるよう1専攻7コース制(機械工学コース,電気電子工学コース,情報工学コース,構造工学コース,社会環境デザイン工学コース,化学・物質工学コース及び国際水環境工学コース)で組織し,1専攻教育によって幅広い工学の知識を備えるために専門教育の基礎・基本を重視した教育を実質化すると同時に,専門性の高いコース制教育によって専門知識を兼ね備えた人材養成を行うことにある。第三に,学士課程と本博士前期課程を通じた一貫的な教育プログラムを設け,国際的な産業界の基盤分野に対応した高度専門技術者及び研究者を養成することにある。


2.求める学生像

 本専攻の教育目標,教育内容の特色を理解し,各専門分野で必要とされる基礎知識と学力を身に付け応用することを目指し,高度な技術や知識の修得と研究遂行に意欲のある進取性の高い学生を求める。


3.入学者選抜の基本方針

 一般入試,推薦入試及び外国人留学生入試を実施し,志願者の能力と資質を多元的に評価する。


4.選抜方法

【一般入試】
学力検査(筆記試験及び面接)及び出願書類の審査により選抜する。

【推薦入試】
本研究科が定める成績基準に該当し,人物に優れ,在籍している大学(学部,学科又はコース)等の長又は指導教員が推薦する者を対象に,成績証明書の審査並びに面接及び口述試験により選抜する。

【外国人留学生入試】
日本国籍を有しない者(日本国永住許可を得ている者を除く。)を対象に,面接及び口述試験により選抜する。



<博士後期課程 生産システム工学専攻>
Doctoral Degree (3 Year Program) Department of Science and Technology

1.教育理念・目標

 工学研究科博士後期課程生産システム工学専攻は,地球にやさしく人間に快適な社会を実現するために,高度に専門化した機械システム,社会基盤システム,電気情報システムの創出や新規物質の創成など,次世代の革新的科学技術の推進に貢献する人材を育成する。


2.求める学生像

 システム工学コース,電気情報工学コース,物質工学コース及び国際水環境科学コースの各専門分野における基礎知識と学力を有し,より高度な専門的知識や技能の獲得ならびにそれらを応用した独創的な研究に取り組む意欲を持ち,さらには科学技術の発展と社会の要請に寄与することへの熱意を持ち,博士の学位を取得しようとする人を求めている。


3.入学者選抜の基本方針

 様々なキャリアの学生を受け入れ,高い志で切磋琢磨する勉学・研究環境を醸成するため,選抜方法として,一般入試に加えて,企業等に在職中の研究者・技術者を対象とする社会人入試及び日本国籍を有しない外国人(日本国永住許可を得ている者を除く。)を対象とする外国人留学生入試を実施する。また,本学大学院博士前期課程修了者を対象とする進学者選考を実施する。


4.選抜方法

【一般入試】
筆記試験(英語・専門科目)並びに面接及び口述試験により選抜する。なお,筆記試験は志望する研究分野に関連する内容について行う。

【社会人入試】
出願時において企業等に正規職員として勤務し,所属長の許可を受けた者を対象に,面接及び口述試験により選抜する。

【外国人留学生入試】
日本国籍を有しない者(日本国永住許可を得ている者を除く。)を対象に,面接及び口述試験により選抜する。

【進学者選考】
本学大学院博士前期課程又は修士課程修了予定者を対象に,筆記試験(英語・専門科目)又は面接及び口述試験により選抜する。なお,筆記試験は志望する研究分野に関連する内容について行う。



<博士課程(5年一貫制)グリーンシステム創成科学専攻>
Doctoral Degree (5 Year Program) Department of Advanced Technology and Science for Sustainable Development

1.教育理念・目標

 工学研究科博士課程(5年一貫制)グリーンシステム創成科学専攻は,地球温暖化等の地球規模のクライシスに対応するため,グリーンエネルギーの発生・有効利用の領域に特化し,領域全体を俯瞰できる高度基礎知識に裏打ちされた先導的研究を展開でき,国際的に活躍できる研究者を養成することによって,国際的なアカデミアに貢献することを基本理念としている。
 この基本理念の下に,工学研究科博士課程(5年一貫制)グリーンシステム創成科学専攻に次世代エネルギーシステム創成コースと先端機能物質創製コースを設けている。

【養成する人材】
各コースは,次の分野で先導的研究を展開でき,国際的に活躍できる研究者を養成する。

  • 次世代エネルギーシステム創成コース: エネルギーの発生・有効利用,それに関連した新機能デバイス,新システムの分野。
  • 先端機能物質創製コース: エネルギーに関連した物質創製分野。

【教育目標】
各コースは,次の分野で先導的研究を展開でき,国際的に活躍できる研究者を養成する。

  • 両コース共通:国際的に活躍できる研究者を養成するために,研究計画立案能力,高度な研究遂行能力,研究指導能力,国際コミュニケーション能力等を育成する。
  • 次世代エネルギーシステム創成コース:エネルギーの発生・有効利用,それに関連したデバイス,システム等に関する深い専門知識と高度専門技術を修得させるとともに,先端機能物質創製の分野を含めた領域全体を俯瞰できる視野を育成する。
  • 先端機能物質創製コース:エネルギーに関連した高機能物質創製等に関する深い専門知識と高度専門技術を修得させるとともに,次世代エネルギーシステム創成の分野を含めた領域全体を俯瞰できる視野を育成する。

2.求める学生像

 応用物理学,機械工学,電気電子工学,化学・物質工学等の他,広い意味での理工学のいずれかの分野で高い学士力を有し,特定の分野の知識・理解にとどまらず,広範な分野にわたるグリーンシステム科学に関する知識を吸収し,理解しようとする姿勢とその能力を有するとともに,将来国際的アカデミアで活躍する研究者となるために必要な課題発見・探求能力,研究計画・マネージメント能力等に関する基本的な素養及び適性を有する学生を求めている。


3.入学者選抜の基本方針

 グリーンシステム創成科学専攻では,一般入試,推薦入試及び外国人留学生入試を実施し,志願者の能力と資質を多元的に評価する。


4.選抜方法

【一般入試】
学力検査(筆記試験及び面接)及び出願書類の審査により選抜する。

【推薦入試】
本研究科が定める成績基準に該当し,人物に優れ,在籍している大学(学部,学科又はコース)等の長又は指導教員が推薦する者を対象に,成績証明書の審査並びに面接及び口述試験により選抜する。

【外国人留学生入試】
日本国籍を有しない者(日本国永住許可を得ている者を除く。)を対象に,面接及び口述試験により選抜する。

 This five-year graduate course of the Department of Advanced Technology and Science for Sustainable Development (ATS Department) aims to contribute to international academia through fostering pioneering international researchers who are specialized in the field of green energy generation and are able to utilize advanced fundamental knowledge as well as a proactive outlook towards discovering issues and pursuing ideas to solve world-wide crises such as global warming and related energy problems.

 Based on the philosophy outlined above, two programs have been established in the ATS Department, the Next Generation Energy System Program (NES Program) and the Advanced Functional Materials Program (AFM Program).

 These programs are designed to foster researchers with broad perspectives to see the entire area of green energy as well as acquiring deep expertise and advanced skills related to the generation and effective utilization of energy.

 The educational aims of the ATS Department are to foster researchers with international communication skills, research leadership with the ability to carry out advanced research and a strong planning capability to be able to play active role internationally in the field of green energy.

The ATS Department seeks students with:

  • High academic achievement at the Bachelor's level in the field of applied physics, mechanical engineering, electrical and electronics engineering, chemistry, or materials science;
  • The outlook and the ability to understand the wide range of fields related to Green Systems
  • A fundamental aptitude for discovering issues, the ability to pursue ideas, and planning and management of research programs

 We evaluate each applicant's ability and quality through the implementation of one of three different admission examinations; the General Admission Examination, an admission examination upon recommendation, or a specialized admission examination for foreign nationals.