工学教育

インターンシップ

工学部では、学生のインターンシップに積極的に取り組んでいます。


目的・意義
  • 高い職業意識の育成
    社会での実習を通して、社会の仕組み、人間関係、技術の重要さを学び、適切な職業意識を育成する。
  • 学習意欲の向上
    大学での専門分野に関連した実務経験を積むことにより、学習意欲を増進させ、専門能力を向上させる。
  • 職業生活の適応性の向上
    就職先の選択に対する糧とするとともに、就職後の職業生活に対する適応力を高める一助とする。
  • 産学協力体制の構築
    学生の派遣・受入れを通して、産業界に大学での学生教育状況を認識していただくとともに、各専門課程でのカリキュラムへの理解を促す。コースにおいては産業界でのニーズの把握、コース教育改善へのフィードバックを図る。

インターンシップの実施状況

主に下記のような内容を行っています。

  • 新入生・編入生オリエンテーションでの企業現場見学会
    新1年生、並びに高専などからの編入学生を対象に、入学直後に学内での教員による講話と企業の現場・施設の見学会を実施している。
  • 学外実習
    受け入れ企業・機関ごとにご通知いただいた実習内容、実習期間をもとに、学生が選択あるいはコース指導のもとに受け入れ先を調整し、学外実習を積極的に実施あるいは斡旋している。単位認定はコースによって異なる。実施に際しては、学生にインターンシップの目的を明確にさせ、インターンシップと就労(アルバイト等)との区別を認識させている。
  • 工場見学
    専門分野に関連する企業等の協力を得て、実際の研究・作業現場を見学する機会を設けている。
  • セミナー・講演会
    官公庁・地方自治体・民間企業に勤務する外部講師によるオムニバス形式の講義あるいは講演会を実施している。

各コースの詳細な取り組みについては、それぞれのコースホームページをご覧ください。