大学院工学研究科

各専攻・コースの教育内容

博士前期課程
総合工学専攻
学位(修士)
国際的な産業界の基盤分野に対応した高度専門技術者・研究者を養成するための教育プログラムを提供し、深い専門的知識と幅広い学際的知識を修得させ、技術的創造能力、プレゼンテーション能力、進取的精神を身に付けさせる。
機械工学
コース
"機械と人間"、"機械と環境"という広い観点を有し、高度な工学基礎力と国際的に活躍する高度の実践能力および幅広い知見と応用能力を身に付けさせる。
電気電子
工学コース
電気電子系分野における基礎となる知識を繰り返し十分に修得したうえで、より発展的な専門性の高い知識並びに国際的に活躍できる実践的な応用力を身に付けさせる。
情報工学
コース
情報工学における理論、ハードウェア、ソフトウェア、応用の幅広い分野に関して深い知識と課題解決能力を修得し、それを活かして現実の課題を発見し解決できる力を身に付けさせる。
構造工学
コース
学部で習得した構造工学の知識を基礎として、より高度な専門知識を修得するとともに国際的な視野を持たせるためのより高度な英語能力を身につけ、産業社会における構造工学分野のニーズに対応できる高度専門技術者・研究者能力を養成する。
社会環境
デザイン
工学コース
確実な工学的基礎力、シビルエンジニアリングに関わる幅広い専門知識、高い思考力と解析能力、国際的な活躍をするためのコミュニケーション基礎能力を修得させる。
化学・物質
工学コース
自然科学の広く深い知識と物質工学分野の専門知識の双方を習得し、これを基盤として学際領域で活躍できる能力を養成する。
国際水環境
工学コース
「日中韓の大学間連携に伴う水環境技術者育成事業」の特色ある教育を進めてきた実績を活用・発展させて、海外でも活躍ができる高度専門技術者を育成する。
日本人学生は、特に水環境工学の基礎を重視したカリキュラムを留学生とともに英語で受講し学習することで、実践的な英語力の強化にもつながる。
また、留学生には日本語教育も充実化し日本企業で活躍できる人材育成を目標としている。
博士後期課程
生産システム
工学専攻
学位(博士)
機械システム、社会基盤システム、電気情報システムの創出や新規物質の創成などに関する科学技術を融合した教育カリキュラムの提供と産学連携による実践教育により、工学の幅広い分野における知識、課題探求・問題解決能力及び国際的な場で活躍するためのコミュニケーション能力を修得させる。
博士課程
(5年一貫制)
グリーンシステム
創成科学専攻
学位(博士)
社会の持続的な発展に寄与するエネルギーの発生・有効利用、これに関連したデバイス・システム、高機能物質等に関する分野の俯瞰的な視野、エネルギーの発生・有効利用、関連デバイス・システムの分野(次世代エネルギーシステム創成コース)あるいは関連物質創製分野(先端機能物資創製コース)の深い専門知識と高度専門技術に加えて、国際的に活躍できる国際性(英語コミュニケーション力、英語論文作成力)、研究者としての実践研究能力(グローバルな先進性、研究企画力、研究遂行力、研究指導力)を修得させる。