大学院生産科学研究科(平成22年度入学生まで)

博士前期課程

現在の大学院生産科学研究科博士前期課程(工学系)と工学部との連携図

連携図


長崎大学大学院生産科学研究科博士前期課程(工学系)アドミッションポリシー

 生産科学研究科博士前期課程(工学系)は,自然と共生する技術社会の発展に貢献する工学教育研究拠点として,高い専門実践能力を修得しグローバルに活躍できる技術者人材を育成するとともに,多様な知的資産を創造する独創的研究を推進することを理念として掲げ,国際的に活躍できる高度専門技術者人材を育成することを教育目的としている。
 生産科学研究科博士前期課程(工学系)は,この目的を達成するために,深い専門的知識と幅広い学際的知識を修得させ,技術的創造力,プレゼンテーション能力,進取的精神を身に付けた人材を養成することを目指している。
 したがって,生産科学研究科博士前期課程(工学系)は,機械システム工学専攻,電気情報工学専攻,環境システム工学専攻および物質工学専攻の各専門分野で必要とされる基礎知識と学力を身に付け,それを応用することにより,より高度な技術や知識の修得と研究遂行に意欲のある学生を求めている。これに対応するため,入学者選抜方法として,一般選抜(予告2次募集を含む),推薦入学,社会人特別選抜および外国人留学生特別選抜を実施することにより,志願者の能力・資質を多元的に評価する。

◎各専攻が求める能力・素質・適性
  • 機械システム工学専攻
     工学に関する思考力・考察力を有し,機械工学についての基礎知識をそなえたもので,最新の高度な技術や知識を修得する意欲を持つ学生を募集する。
  • 電気情報工学専攻(電気電子工学系)
     電気電子工学の基礎学力が高く,電力・高電圧,プラズマ,制御,電気機器,コンピュータ,電子回路,画像処理,音声処理,デバイス,マグネティックス,電磁波,情報通信などの基礎と応用に関する分野に強い関心を持ち,研究の実施にあたってはこれを遂行する強固な意志を持った学生を募集する。
  • 電気情報工学専攻(情報システム工学系)
     計算機のハードウエア及びソフトウエアに関する基礎技術,情報数理に裏付けされたアルゴリズム技術,人工知能やマルチメディアを駆使した高度情報処理技術及びネットワーク構築技術などの専門領域に関する最先端の研究に強い意欲を持ち,そのための基礎知識を有する学生を募集する。
  • 環境システム工学専攻(構造工学系)
     社会の要求するあらゆる構造物を設計・製作する際に必要とされる力学的素養と構造工学に関する基礎的知識を身につけた学生を募集する。
  • 環境システム工学専攻(社会開発工学系)
     活力ある豊かな国土づくり及び潤いのある生活環境を創造するため,社会基盤施設の計画・設計・施工・維持管理の技術,地域・都市計画,地球及び地域の環境保全・創造,防災等,非常に幅広い学問領域を対象としている。このため,幅広いバランスの取れた知識とともに,専門分野についての基礎学力と応用力を身につけた学生を募集する。
  • 物質工学専攻(材料開発工学)
     電子材料,金属材料,無機材料,高分子材料,複合材料,構造材料などの幅広い材料についての高度な専門知識や研究開発技術を,総合的,体系的に身につけるための教育,研究体制をとっている。そのため,電子材料,金属材料,無機・有機材料などの基礎的な知識を有するとともに,積極的に材料の研究に取り組むことのできる学生を募集する。
  • 物質工学専攻(分子工学)
     将来,化学及び化学関連技術のどのような分野に進んでも,創造力と問題解決能力を発揮できるようなパイオニア的人材の養成を目指している。物理化学,無機化学,有機化学,高分子化学,生化学などの基礎知識ならびに実験技術を有し,より高度な知識の修得と研究の推進に意欲のある学生を募集する。