国際交流活動

大学間交流

済州大学校
済州大学校とはこれまで主として水産学、海洋科学の分野で学術交流が活発に行われてきたが、最近、工学分野での交流の気運が急速に高まり、平成4年4月両大学の工学関連学部共催による第1回ハイテクシンポジウムが長崎大学工学部で開催されて以来、10回を数え、第11回ハイテクシンポジウムが平成22年6月に長崎大学で開催された。
福州大学
福州大学は長崎とゆかりの深い福建省の省都、福州市に位置する、工学を主体とする大学である。長崎大学工学部長及び福州大学副学長をそれぞれ団長とする訪問団の相互訪問を経て、平成4年3月福州大学において交流協定が調印され、これまでに多数の研究者交流、学生交流を行っている。
トリノ工科大学
トリノ工科大学とはこれまでに主に電気電子工学関係の分野で交流が行われている。EUの経費により、長崎大学において共同研究を実施し成果を上げている。
ナポリ大学
ナポリ大学とは長年交流を重ねてきたが、近年主として電気電子工学関係の分野で研究者の交流や共同研究を活発に行っている。
同済大学
同済大学とは、大学院生の受入れや日中院生によるジョイントセミナーの継続的開催等の交流があり、学術交流協定を更新することにより、更に人的交流及び学術交流の活性化が期待される。今後、国際シンポジウムの開催など更なる人的交流及び学術交流を推進するとともに、社会基盤維持管理技術や都市環境保全などに関する共同研究を開始する。
江原大学校
江原大学校とは、現在まで大学教員や大学院生の研究交流が活発に行われているが、更なる発展を目指して研究交流実績を上げており、また、両大学に在籍している大学院生・学部生の相互訪問・滞在により交流を深めている。
天津科技大学
天津科技大学とは、2003、2006年と2度、先方の学長が本学学長を表敬訪問し、2007年には本学学長が先方の学長を表敬訪問しており、また、先方の計算機科学と情報工程学院副院長が本学生産科学研究科博士後期課程の学生であった頃より、本学生産科学研究科・工学部情報システム工学科と共同研究を継続している等の交流がある。
嶺南大学校
嶺南大学校とは、機械工学分野で学術交流が活発化しており、1993年に友好的な学術交流文化の創造と発展を促進することを目的に協定が締結され、定期的な国際シンポジウムを開催している。