大学院工学研究科 博士後期課程 生産システム工学専攻 履修情報

カリキュラムポリシー

 機械システム,社会基盤システム,電気情報システムの創出や新規物質の創成などに関する科学技術を融合した教育カリキュラムの提供と産学連携による実践教育により,工学の幅広い分野における知識,課題探求・問題解決能力及び国際的な場で活躍するためのコミュニケーション能力を修得させる。
 このために,教育課程を専攻共通の科目群である『総合科目』及び各コースの専門領域を対象とする『システム工学コース科目』,『電気情報工学コース科目』及び『物質工学コース科目』の3つの科目群で構成している。『総合科目』においては,幅広い知識を基盤とした高い専門性を育成するために当該学生の副指導教員(指導教員の近縁分野の教員)が担当する「生産システム工学特別演習」並びにコースの教育分野間の学際的な学術研究についての研究課題を学生ごとに与え,異なる専門領域の教員が連携して総合力・応用力を養うための実施指導を行い,学生の研究能力の向上を図る「生産システム工学特別研究」の2科目を専攻共通の必修科目としている。また,工学に関連する分野における基礎的事柄や思考方法について,企業からの講師を含む複数の教員団による産学連携の講義を行い,それぞれ他分野の基礎的概念を与えるとともに工学の全体像を把握させる「生産システム工学特別講義」を開講する。『システム工学コース科目』,『電気情報工学コース科目』,『物質工学コース科目』及び『国際水環境科学コース』においては,各コースの専門分野を対象とする講義科目を配置している。