大学院工学研究科 博士後期課程 生産システム工学専攻 履修情報

成績評価方法/修了要件

学位審査スケジュール

博士後期課程学位審査手続方法・作成要領

博士後期課程修了のために学位論文の審査を受ける者は,予備審査及び学位審査が必要となる。
予備審査は,提出された学位論文の適合性及び内容並びに論文受理の可否について審査を行う。
予備審査の結果により,教授会において論文受理が可と判定された場合は,学位審査(学位論文の審査(適合性を含む。)及び最終試験)及び公開論文発表会を行う。


成績評価方法

シラバスに掲載された授業科目毎の「成績評価の方法・基準等」に基づいて成績が評価される。
授業科目の成績は100点満点で評価し,AA(90点以上),A(89-80点),B(79-70点),C(69-60点)及びD(59点以下)の評語をもって表わす。なお,AA,A,B及びCを合格とし,Dを不合格とする。
なお,成績評価の正確さを担保するための措置として,異議申し立て期間を設定するものとする。授業科目の成績評価結果について疑義がある場合は,成績通知書交付後,各期の定められた期間内に限り授業担当教員に申し出ることができる。


博士後期課程修了要件

博士後期課程を修了するためには,次の要件を全て満たす必要がある。

  • 博士後期課程に3年以上在学していること。
  • 博士後期課程の履修方法に基づき15単位以上を修得していること。
  • 提出した博士論文に審査制度の確立された学術雑誌に掲載又は掲載が決定された原著論文が2編以上含まれていること。(ただし,審査制度の確立された学術雑誌に掲載の可否を審査中である原著論文1編を含むことができる。)
  • 学位論文の審査及び最終試験に合格していること。

また,優れた業績を上げた者で次の要件を全て満たした場合は,在学期間を短縮して修了することができる。

  • 博士後期課程に1年以上在学していること。
  • 博士後期課程の履修方法に基づき15単位以上を修得していること。
  • 提出された博士論文に含まれる筆頭著者(主著者)である原著論文数が、次の(ⅰ)〜(ⅲ)のいずれかに該当すること。
    • 入学前5年間に,審査制度の確立された学術雑誌に掲載された原著論文が3編以上あり,かつ,入学後に,審査制度の確立された学術雑誌に掲載又は掲載が決定された原著論文が1編以上あること。
    • 入学後に,審査制度の確立された学術雑誌に掲載又は掲載が決定された原著論文が2編以上あること。
    • 博士前期課程から引き続き博士後期課程で研究を実施した場合には、審査制度の確立された学術誌に掲載又は掲載が決定された原著論文が3編以上あること。なお、博士前期課程での業績を基にした論文であっても可とする。
  • 学位論文の審査及び最終試験に合格していること。