センター長メッセージ

 長崎大学工学部では,工学技術者として要求される課題探究能力,コミュニケーション能力および技術者倫理を身につけた人材を養成することを教育目標としています。また,工学研究科では,工学の幅広い分野における専門的・学際的知識および高度専門技術を修得し,国際的に活躍できる高度専門技術者・研究者を養成することを理念としています。このような教育方針のもとに,当センターは4つの部門と創造工房から構成され,学生が学びの中で実践する課題探求や課題解決への取り組みを支援し,自主性や創造性の育成を目指しています。
 特に「創成プロジェクト」では,本学教員,県内企業,自治体と共に,身の回りの問題に対して工学的視点で取り組み,解決法を探求していく授業を支援しています。この授業では,工学部工学科の様々なコースから参加し,混合チームを編成して課題解決に取り組みます。また,中間発表会などの成果報告会にて,チーム内だけでなく他のチームとの意見交換も実施して問題を解決していく,エンジニアリングデザイン能力とコミュニケーション能力を高める実践的な授業となっています。なお,最終成果は学内でコンテストを開き,優秀な成果を挙げたチームは本学代表として「ものづくりアイデア展」へ出展しています。
 本センターでは,4つの部門と創造工房がそれぞれのミッションを掲げ,研究者・技術者として社会で活躍できる人材の輩出を支援していきたいと思います。

工学教育支援センター  〒852-8521 長崎市文教町1-14 TEL:095-819-2489 FAX:095-819-2488