トップページ > 研究者紹介

研究者紹介

教授 加茂純の写真
教授 加茂 純

  • 専門分野:膜分離技術、高分子材料
  • 博士前期課程での担当科目名:膜技術特論、膜応用技術特論、実践型環境特別演習A
  • 「水」に関わる研究テーマ:機能性精密濾過中空糸膜の研究と開発、精密濾過中空糸膜の水環境浄化への応用研究と高度水処理技術の開発
  • 当該育成事業への期待:本プロジェクトに参画できることを光栄に思います。水環境問題は世界の喫緊の課題です。このプロジェクトで学ぶ学生が、実務能力に秀でた高度専門技術者として水環境問題に貢献できる人材へ成長し飛躍していくことを期待します。さらに、育成事業を契機として、長崎大学が水環境研究の一大拠点として発展することを祈念します。

工学研究科 田口浩一の写真
教授 田口 浩一

  • 専門分野: 海洋環境工学
  • 博士前期課程での担当科目名: 環境アセスメント特論、実践型環境特別演習A
  • 「水」に関わる研究テーマ:閉鎖性水域の流動および富栄養化水質汚濁予測手法に関する研究、生態系モデルによる水域の栄養塩循環解析、環境修復技術の評価手法に関する研究
  • 当該育成事業への期待: 水の安全とその確保は東アジアが直面する喫緊の課題です。本プロジェクトを通じて、環境マネジメントの最前線で問題解決を実践し、水環境の保全と持続的利用に貢献する有能な技術者が数多く育っていくことを期待しています。

工学研究科 板山朋聡の写真
教授 板山 朋聡

  • 専門分野:水環境生物工学、水圏生態系工学
  • 博士前期課程での担当科目名:生物排水処理特論、水浄化工学特論、実践型環境特別演習A
  • 「水」に関わる研究テーマ:富栄養化水域で発生した有毒藍藻の生物処理システムの研究開発。水環境改善のための生態系工学の研究開発。開発途上国や災害地域のための低コスト・省エネルギー型の水処理システムの研究開発。
  • 当該育成事業への期待:地球環境問題の中でも水環境問題はもっとも重大な課題です。そのため、水環境技術者の役割は非常に大きなものとなります。本教育プログラムでは、日本、中国、韓国の学生を優れた水環境技術者としてアジアのみならず世界で活躍できるような人材に育成してゆくことが目標ですが、そのことが必ず世界の水環境問題の解決に役立つと期待しています。

教授 小川 進の写真
教授 小川 進

  • 専門分野:リモートセンシング、GIS、非線形力学
  • 博士前期課程での担当科目名:空間情報処理特論、技術英語Ⅱ
  • 「水」に関わる研究テーマ:高度浄水処理、地球温暖化に伴う水害、総合治水
  • 当該育成事業への期待:今までに実務経験として、都市水害、総合治水、高度浄水処理について、研究開発に従事してきました。行政と大学、研究機関での経験があり、アジアでの水問題に関与でき、何らかの寄与ができるのではないかと期待しています。特にJICAでの経験が直接留学生の指導で役立つことと考えています。

教授 夛田彰秀の写真
教授 夛田 彰秀

  • 専門分野:水工学、水理学
  • 博士前期課程での担当科目名:環境水理学特論、水浄化工学特論、海岸環境工学特論、長期インターンシップ、社会環境デザイン工学特別演習B
  • 「水」に関わる研究テーマ:閉鎖性水域における流動特性および水質動態に関する研究、沿岸域の微量残留水銀に関する輸送機構の解明とそのモデリング、広域空間情報を援用した流域圏の物質循環予測と制御技術に関する研究
  • 当該育成事業への期待:日本は、高度経済成長期に川や海の水質汚染など、数多くの公害問題を経験しました。それらを解決していく過程において培った高度な技術やノウハウをたくさん保有しています。水資源の不足や水環境問題を数多く抱えるアジアの各地でそれらを活用できる人材を育て、アジアの持続可能な発展に少しでも貢献できればと思っています。アジアの健全な水環境を次世代の人達にバトンタッチするためにも!

教授 蒋宇静の写真
教授 蒋 宇静

  • 専門分野:地盤環境工学、岩盤工学、地下資源工学
  • 博士前期課程での担当科目名:地圏環境工学特論、空間情報処理特論、地盤工学特論、社会環境デザイン工学特別演習、物理学基礎特論
  • 「水」に関わる研究テーマ:地盤内浸透流解析技術と地盤浄化による地下水環境保全
  • 当該育成事業への期待:地理的にも近い中国・韓国との大学間交流実績と深い信頼関係を基盤としながら、東アジアの水環境の保全と持続的な利用に貢献する実践能力の高い高度専門技術者の育成拠点の早期形成とアジア地域全体への展開を目指します。

准教授 西田渉の写真
准教授 西田 渉

  • 専門分野:河川工学、情報水理学
  • 博士前期課程での担当科目名:水環境システム工学特論、数値流体解析演習
  • 「水」に関わる研究テーマ:閉鎖性水域の水環境変化の数値解析
  • 当該育成事業への期待:水ストレスの増大への対応が国際的な課題になりつつあり、水資源の適正管理と健全な水循環系の構築に関する技術がこれまで以上に求められています。東アジアを基本として、国際的に活躍する高度技術者の育成を目指します。

准教授 瀬戸 心太の写真
准教授 瀬戸 心太

  • 専門分野:電波水文学、防災工学、水資源学
  • 博士前期課程での担当科目名:リモートセンシング特論、実践英語A
  • 「水」に関わる研究テーマ:衛星リモートセンシングを用いた降水観測
  • 当該育成事業への期待:以前より韓国・中国の留学生・研究者の方と研究交流を行う機会がありましたが、今回長崎大学に赴任して、当事業に参画できることを大変うれしく思っています。水や大気に関する地域共通問題解決に貢献できる人材が育つことを期待しています。

助教 李 博の写真
助教 李 博

  • 専門分野:岩盤力学、地盤工学
  • 博士前期課程での担当科目名:実践英語A・B、社会環境デザイン工学特別演習A・B
  • 「水」に関わる研究テーマ:亀裂性岩盤の力学・水理学連成特性評価、地盤の浸透特性に関する研究
  • 当該育成事業への期待:経済成長と環境保全を両立させるため、東アジアの国々は人と自然、共に生きる道を模索しています。当該事業は中国・韓国の若手技術者を育成することにより、日本の進んだ水環境保全や持続的利用に関する技術を東アジアに普及し、東アジアの持続可能な発展といった共通の問題を共に解決していく拠点となることを期待します。

教授 清水 康博の写真
教授 清水 康博

  • 専門分野: 機能材料化学、界面科学、センサ材料学
  • 博士前期課程での担当授業科目:機能材料化学特論、実践英語A、実践英語B、実践英語C、実践英語D、化学・物質工学総合演習、化学・物質工学特別演習Ⅰ、化学・物質工学特別演習Ⅱ
  • 「水」に係わる研究テーマ: イオンセンサの電極材料の設計
  • 当該育成事業への期待: アジア地域からの留学生が、本事業を通じて水環境保全・改善に関する高度専門知識および技術を修得し、最終的には母国だけでは無く、アジア全域さらには地球全体の水環境保全・改善に貢献できるリーダーへと成長することを期待します。

教授 田辺秀二の写真
教授 田辺 秀二

  • 専門分野:触媒化学、化学工学
  • 博士前期課程での担当科目名:固体表面化学特論、水浄化工学特論、実践型環境特別演習A
  • 「水」に関わる研究テーマ:多孔質材料とオゾンを使った水中有機物分解、吸着剤の表面処理による微量有害物質の高効率吸着除去
  • 当該育成事業への期待:水浄化は発展途上国の衛生状況の改善のみならず、100 年後の世界の、安全な水の確保という観点からも重要です。本プロジェクトでは水のマネージャーを世界中に輩出することで安全安心な社会を実現することにあります。

准教授 村上 裕人の写真
准教授 村上 裕人

  • 専門分野:高分子化学、超分子化学
  • 博士前期課程での担当科目名:機能性高分子化学特論、実践英語A、実践英語B、実践英語C、実践英語D、化学・物質工学特別演習Ⅰ、化学・物質工学特別演習Ⅱ、化学・物質工学総合演習
  • 「水」に関わる研究テーマ:機能性ホスト分子を利用したイオン認識
  • 当該育成事業への期待:水環境の改善と整備はアジアが抱える環境問題の1つです。本プロジェクトで水環境に関する知識と技術を修得し、母国そしてアジアの水環境整備に貢献できる人材へと成長することを期待しています。

准教授 兵頭 健生の写真
准教授 兵頭 健生

  • 専門分野:電気化学・無機材料化学
  • 博士前期課程での担当科目名:セラミックス機能設計学特論
  • 「水」に関わる研究テーマ:イオンセンサに利用可能な機能性セラミック材料の開発
  • 当該育成事業への期待:本プログラムを専攻する皆さんが、水環境を改善・保全する国際的な技術者として成長するのはもちろんのこと、基幹コースでの研究・経験を通じて、地圏・気圏も含めた全地球環境を総合的に考えることができる専門家になってくれることを期待しています。

助教 中越 修の写真
助教 中越 修

  • 専門分野:表面化学、触媒化学
  • 博士前期過程での担当科目名:化学・物質工学特別演習I、化学・物質工学特別演習II
  • 水に関わる研究テーマ:積層構造及び多孔質構造を有する吸着材の開発と水処理への応用
  • 当該育成事業への期待:中国、韓国をはじめアジア圏の経済発展に伴い水浄化技術に関する需要は日増しに重要になっていると思います。本プログラムを修了した学生が、 アジアのみならず世界各地の水環境問題に対して総合的に取り組める技術者として活躍できることを期待しています。

助教 本九町 卓の写真
助教 本九町 卓

  • 専門分野:高分子合成、高分子反応
  • 博士前期過程での担当科目名:化学・物質工学特別演習I、化学・物質工学特別演習II
  • 水に関わる研究テーマ:水溶性高分子の合成と機能評価および水を用いた高分子反応
  • 当該育成事業への期待:水に対する安全と確保は、アジア地域はもちろん全世界的な課題であると考えます。本プログラムを専攻する学生が身に着ける高度専門知識と技術によって、将来水環境保全および改善に貢献できるリーダーとなることを期待します。

このページのトップに戻る

国立大学法人 長崎大学 工学部大学院係
〒852-8521 長崎市文教町1-14 Tel.095-819-2491 Fax.095-819-2488